ちくびが黒いと引くといわれた!原因はメラニンだから関係ない

突然ですが、あなたはちくびが黒い女性をどう思いますか?

「ちくびが黒いと引く」

わたしが彼氏に言われた一言です。

 

引いてしまう理由は3つあるみたいです。

「老けているように見える」

「尻軽女としか思えない」

「気持ちが入らない」

彼氏とは付き合って3ヶ月目です。

それまでの期間も気になってはいたものの、傷つけるのではないかといえなかったそうです。

 

色々な男性と経験していると考えると本気で付き合っていくことができないので分かれようとのことです。

わたしは必死に男性をとっかえひっかえなんてしていないといったのですが、信じてもらえることはできませんでした。

 

学生時代からちくびの色が人より黒いのは悩んでいました。

どうしようもないんだろうなと・・・。

でも、もう乳首の色が黒いせいで尻軽女と思われるのも嫌だし、彼氏に振られるのもつらいです。

 

「ちくびの色を薄くしよう」

強く決心をすることにしました。

 

わたしの男性経験は多いのか?

 

わたしの男性経験は1人だけです。

今までに付き合った人も1人

その付き合った彼氏とも半年で別れましたし、合うのも週に2回だけです。

 

男性は嘘だろと思うかも知れないですが、これは事実です。

そもそも処女でまだ未経験な頃から色が黒かったです。

肌も人より黒いってことはなく、平均的な色だと思います。

 

ちくびが黒いのと経験人数は全く関係がないのです。

 

ちくびの色は色素!黒い原因はメラニンの色素沈着でシミと同じ

ちくびが黒い人はメラニンが色素沈着しているのが原因です。

黒ずみと言われますが顔にできるシミと全く同じ症状です。

 

シミであれば紫外線を浴びたことによって肌に与えられた刺激が原因となっています。

 

ちくびへ与えられる刺激としてはブラジャーが擦れた摩擦です。

カップが合っていないのを利用することで、乳頭に下着が擦れてしまいます。

 

そのため、肌を守ろうとからだの中でメラニンが作られます。

分泌されたメラニンが乳輪や乳首に付着することによって、色を黒くしているのですね。

 

小さいころから、もともと黒いって人はいます。

その原因は下着ではなく、衣服の擦れや庭での水浴びによる紫外線の影響です。

もちろん人によって色素が濃いや薄いなどのことはありますが、赤ちゃんの頃から黒いなんてことはまずないでしょう。

 

ようするにちくびの色が黒いのはメラニンの色素沈着が原因なのですね。

 

ちくびの色を薄くするのは可能?

ちくびの色を薄くすると効くと騙されるなと思う人も多いかも知れないです。

わたしは全く信用をしていなかったです。

でも、きれいなピンク色とまではいかなくても黒乳首を茶色にしたりすることはできます。

 

怪しいって思ってしまいがちなのですが、実際にクリニックでの治療方法もあります。

わたしは高額医療には手が出せませんでしたが、医者が行う治療もあるのですね。

 

ちくびが黒い原因は顔のシミと変わりはありません。

全ては皮膚に色素を持ったメラニンが付着してしまっていることです。

肌にはターンオーバーを呼ばれる古い皮膚を排出し新しい皮膚を作りだす働きがあります。

 

ようするにメラニンが付着している古い皮膚を剥がせば色を薄くすることはできるのですね。

多くの人が普段生活をしていても乳頭の色に変化がないのはケアをしていないためです。

 

きちんと黒ずみケアをして、原因も解消さえすれば色を薄くすることはできるのですね。

このブログではわたしの体験談を掲載しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です